Raspberry Pi 拡張ボードin development

 
date:2015.01.13   posted by:kaji
 

はじめまして。デザイニウムでインターンとして働くことになった鍛(かじ)です!

軽く自己紹介を…

東京で生まれ高校生まで普通に過ごす。

会津大に進学。雪がつらいです。

CGやってます。いま(個人的に)HOTなのはVFXですね!将来はもちろんこの方面に行きたいです!

愛車はmini cooper のインディブルーです。

File:2004MINICooperS-001.JPG

ということで

今やっている環境センサーのことを書きたいと思います。

Raspberry Piに拡張ボードをのせてセンサー等を差してWebで取得、ある場所とある場所を比較という流れです!

ちなみにWeb系の知識がゼロなのでphpからコマンドがたたける~とかよくわからないです。

さて、この拡張ボードですが、、、

長所としては

  1. GROVE SYSTEMのユニバーサル4ピンコネクタが差せる
  2. A/Dコンバーター搭載(ラズパイのSPIを使用しています
  3. 通常3.3V系I2Cしか接続できないが5V系にも対応
  4. サーボモーター 1ch の制御が可能

といった感じです。なんか難しいこと言ってると思われるとおもいますが要は

  1. プロトタイプ楽だよ!
  2. アナログな値も取れるよ!
  3. 使えるセンサーが増えるよ!
  4. サーボモータの配線楽だよ!

って感じです!

たとえばI2Cのセンサー側に半田付けして(GROVEセンサーなら半田付け不要!)プログラムを書いてしまえばあとはコネクタ差すだけで値が取得できます。

”"

I2Cはアドレス管理なので汎用性が高いですね!

現在のプログラムはwiring piのライブラリを使ってCで書かれていますが、なんとGPIOにアクセスできるライブラリにwiringpi-phpやphp-gpioなどがあります。

phpで直接書くことができるってことですよね…そこはこれから勉強していきたいと思います。

今後は

  • Raspberry Piからはみ出ないように基盤を設計してみる
  • プログラムを書いて使えるセンサーを増やす。

を考えています!

 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|none