アプリ量産部第2作目in private

 
date:2011.10.27   posted by:fujii
 

こんにちは、藤井です。

依然として部員3人のアプリ量産部、第2弾のアプリがリリースされました。
諸事情により、今回のアプリ発表は自分のみです。他2人の部員の作品は今月末に完成予定なのでちょっとだけお待ちください。

というわけで孤立無援で作り上げた今回のアプリ。
発売直後のゲームにハマってしまい時間が足りず、大急ぎで作り上げたのは秘密です。制作期間は2日ちょっと。
基本的にはCoronaの公式ページにあるサンプルコードを改変して作っています。

iTunesの紹介ページはこちら。

以下、紹介文をそのまま抜粋です。
———-
書いてある数字の順に星をタッチ!
タッチされた星はどんどん消えていきます。

全ての星を消し終わったらステージクリア。
あなたの動体視力と反射神経を駆使して、最短タイムに挑んでください。

レベルが上がると星の数と、それぞれの星が動くスピードが増加していきます。
MAXレベルでは画面内がすごいことに・・・・?

どのレベルまでついてこれるかな?
———-

個人的には前回のだるま落としより面白い気はしています。BGMとかちゃんと入ってるし。
ちょっと試してやってもいいかなと思う方はダウンロードしてみてください。有料ですが。

以下、前回と同じように制作途中で気が付いたことや役に立ちそうなことを書き留めておきます。

——————————–

▼オブジェクトの重なり順変更

テキストや画像などのオブジェクトは基本的に、描画された順にレイヤーを追加するようなイメージで上に上にと重なっていきます。
その重なり順を変えたいときに使う関数が「toBack()」と「toFront()」。表示順を変えたいオブジェクトに対して
object:toFront()
のように使います。
普段そんなに使うこともないんですが、たまに順番を入れ替えたいときなどは便利です。

——————————–

▼回転対応してなくてもStore審査は通過できる

以前作っただるま落としを見直していて気付いたんですが、実はこのアプリ、本体の回転に全く対応していません。(今回のアプリは上下対応していますが)
普通、本体を上下逆さまにすれば表示もそれに合わせて逆さまになるものが多いですが、だるま落としは逆さまにしても表示が変わりません。

前に「回転対応しないと審査に通らない」とどこかで聞いた気もするのですが、実際だるま落としは対応しなくても通ってしまったので、必ずしも回転対応しなくてもいいということかもしれません。
(ただしこの先、規約が変われば分かりません。あくまで現時点の事実ということで)

——————————–

制作者の方は参考までに。

customer writing
 
"アプリ"で関連する記事一覧 (シーケンスで表示する)
•2011.10.27-アプリ量産部第2作目 in private
•2011.10.13-悩める漢のダイエットアプリ「漢のダイエット」リリース! in news
•2011.10.12-アプリ量産部始動! in private
 
 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|アプリ