第13回社内通貨獲得ゲーム開催!in private

 
date:2012.05.19   posted by:fujii
 

こんにちは。藤井です。
社内通貨獲得ゲームも13回目。月に1回開催しているので、スタートして既に1年経ったわけです。

この社内通貨制度が始まったおかげで社員の生活にもいろいろと善い方向への変化があったわけですが、これはまた後日ご紹介しましょう。

さて、今回のゲームで使うのは「Color – Method of Action」。
指定された色を制限時間内に色相環から探し出すおしゃれゲーム。センスが問われます。

なお今回特別ルールとして、それぞれ「解答が終わるまでの時間」も計測します。もしスコアが同点だった場合は、タイムが早い人が勝ちという方式。
だいたい5分前後で終わりますが、ゲーム中はオフィスが静まり返るくらいの集中モードです。

事前に何度も練習していた人もいたようですが、ひとまず結果はこのように落ち着きました。

順位:名前(敬称略):スコア:タイム
01 : 藤井  : 10.4 : 5:18
02 : 安藤  :  9.8 : 5:30
03 : 武田  :  9.7 : 4:08
04 : 生亀  :  9.7 : 5:50
05 : 佐久間 :  9.4 : 6:40
06 : 水谷  :  9.3 : 4:45
07 : 監督  :  9.2 : 4:31
08 : 鈴木  :  9.2 : 5:04
09 : 古沢  :  8.8 : 6:07
10 : 及川  :  8.8 : 7:35
11 : 横山  :  8.7 : 5:55
12 : 青木  :  8.4 : 5:15
13 : 永尾  :  8.3 : 4:34
14 : 会田  :  8.2 : 6:30
15 : 長谷川 :  8.0 : 4:46
16 : 浅井  :  7.3 : 4:07

俺の圧勝ですね。
これが持てる者と持たざる者との違いでしょうか。ノブレス・オブリージェ。
念のため証拠写真を撮っておきました(=´・ω・`= )

このゲームは6つのパートがあって、その総合得点で結果が判定されます。
それぞれのパートは最高得点が10点かと思ってたのですが、それ以上もあるようです。11点とか。
確認した限りでは、12点も存在します。全てパーフェクトだと12点でした。

しかし改めて順位を見てみると、得点が同じ人も結構いたのでタイムも重要でしたね。
まあ、得点の桁が違う俺のような人間には関係のない話ですが。

そして次回のゲーム内容を決める権利を持つのは、今回見事に最下位を奪取した浅井君。
弊社が誇るセンスの塊であるところの浅井君が最下位の位置についているのは、なかなか珍しい光景です。お腹でも痛かったのでしょうか。
次回のゲームではその力を如何なく発揮して、俺と上位争いに絡んできてくれることを期待しています。

analytical essay writing
 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|none