データから見る会津(1)~永続地帯~in private

 
date:2009.01.22   posted by:fujii
 
job application online

p>「永続地帯」という言葉をご存知でしょうか。

千葉大学の研究会によって提唱された概念で、「その地帯で得られる再生可能な自然エネルギーと食糧によって、その地帯のエネルギー、食糧需要の全てをまかなえる地域」のことだそうです。

化石燃料の枯渇が迫った今、注目を集める地域だとか。
さて、この永続地帯、大雑把には自然エネルギーについての永続地帯と食糧についての永続地帯の2つに分かれるそうなのですが、そのうちの片方、自然エネルギーについての永続地帯の筆頭が「福島県河沼郡柳津町」ということでした。

柳津町は、会津若松の南西に位置する緑豊かな地域です。

永続地帯の研究会のページによると「自然エネルギーによる民生用電力供給可能率(その地域での太陽光、風力、地熱などの全自然エネルギーで地域の電力需要をまかなった場合の供給可能率)」の市町村別ランキングでは柳津町が堂々のトップとなっています。

トップの要因は地熱エネルギー。さすがあちこちに温泉宿が建っているだけあります。
のんびり温泉につかりたい時、化石燃料が枯渇した時は是非柳津にお越しください。

ちなみに
柳津観光協会のページ

 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|none