SENSORED vol.1@Redink開催しましたin blog

 
date:2013.12.18   posted by:sakuma
 

佐久間 aka DJ Sackmanです。

先週13日、会津Redinkにて『SENSORED』の第一回目を開催しました。

今回はプライベートパーティーという形でしたが、今後はデザイニウム公認パーティとして、音楽に限らず様々な形態を織り交ぜてやっていきたいという意味を込めて第一回としています。

DJはわたくしSackumanと、デザイニウム設立初期から仕事・プライベートに渡りお付き合いのあるSATOKENさんで担当いたしました。実はSATOKENさんは、かつて福島NEOで100人以上を集客していたハウスパーティーで回していたという知る人ぞ知るDJです。自分も曲を教えてもらったり、お古のレコードを譲ってもらったりと音楽面においてもとてもお世話になっておりますm(_ _)m
DJとして共演させてもらうのは今回が初めてでしたが、初めてとは思えないほど息の合ったプレイを披露できたと思いますw

一応今回の目玉として、デザイニウムらしくKinectを使ったVJシステムっぽいものを即席で制作して持ち込みました。

Kinectで切り取ったカメラ映像に、動きによって視覚的なエフェクトがかかるようになっています。またそれに加えて、DMX512規格の照明をシステムに接続し、それをKinectで検知したアクションによりマニピュレートするというギミックも搭載しました。

例えば、カメラの前で両腕を上げると照明がストロボで点滅したり、照明の明るさに変化をつけたりということができます。
Kinectの深度センサーは赤外線を使っているので、クラブのような暗い場所でもばっちり動きます。

お試しで作ってみたシステムですが、かなり可能性を感じさせる仕上がりになったと思います。VJやライティングに人を付ける必要が無いというのはなかなか画期的です。なにより客がアクションしないと演出が付いてきてくれないので、盛り上げたいときは強制的にハンズアップになるというのは、なかなかいいんじゃないでしょうかw

今回はシングルユーザー対象の簡易的なものでしたが、もっと作りこめば十分実用に耐えるハンズフリーVJシステムを作ることも可能だと思います。

次回以降には、もっと発展したシステムや別のKinectコンテンツ、またはKinect以外のセンサーやデバイスを使ったコンテンツなどをご覧にいれられるかもしれません。また前述のようにDJイベントに留まらず、トークイベントやライブコーディングなどIT的な要素も交えつつ面白いイベントをやっていければと思いますので、是非今後の発展にご期待ください。

 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|none