Taico Club Kawasakiin private

 
date:2009.10.03   posted by:sakuma
 

遅くなりましたが、先々週に川崎市東扇島東公園で開催された野外レイブイベント「TaicoClub Kawasaki」に行ってきました(もちろん仕事じゃありません!)ので、そのレポートを書いてみたいと思います。

会場到着が22時過ぎになってしまったので、その前に出演していたアーティストは残念ながら見られませんでしたが、見てきたアーティストについてはそれぞれ感想を書いてみます。ちなみにタイムテーブルはこちらでみれます。

【Omar-S】
Omar-Sの作風はかなりドロドロなデトロイトテクノで、先日出していたMixCDでも自分の曲だけで回すというとんがったことをしていたので結構玄人向けの選曲かなと思っていたのですが、今回のDJはかなりセクシーでメロウなハウスクラシックス中心のプレイでノリやすい感じでした。あの時間帯なら正解だったと思います。ちなみに売店ブースで彼のCDが販売されてましたが、直焼きのCD-Rにマジックで「Omar S」と手書きしただけw

【múm】
ちょうど会場内に入ったくらいで彼らの演奏が始まったので遠目でチラ見しかできませんでしたが、最後に演ってた曲が「Green Glass of Tunnel」だったのにはちょっと涙腺緩みました。メンバーチェンジ後のmúmはあまり追ってなくて、最近の作品もちゃんとチェックしないとですね。

【相対性理論】
メンバーが入場してきて、なんか知ってるのと楽器編成が違うなと思ったら、どうやらベースの方が急病で欠席で、代わりにローズピアノのプレイヤーの方が入っていたようです。それでも音がハマりすぎてて最後まで気づかなかったくらいでした。自分も知ってる曲を何曲も演ってくれて満足。しかし生で観るとあのボーカルは雰囲気ありますね、声出した瞬間鳥肌立ちました。

【monolake】
“Robert Henke aka monolake”について語るとするなら、クラブ音楽界隈では昔から定番になっている「Ableton Live」というDTMソフトがあるのですが、そのソフトは元々monolakeが自分たちのライブのために自ら開発したもので、それがあまりに売れてしまったためにメンバーの一人はAbleton社を立ち上げCEOとなってmonolakeを脱退、残ったHenkeはアーティスト活動を継続しつつスーパーバイザーとしてLive開発の重要なポストを担っている、といういわばLiveのパイオニア的存在です。
そんな彼はもちろんAbleton Liveを使ったライブを披露するわけですが、今回のライブは前後左右に4chのスピーカーをセッティングして、リアルタイムで音をマニュピレートするというなかなかお目にかかれないパフォーマンスでした。基本はステレオでプレイしているのですが、要所要所でSEが四方から飛んできたり、エコーが本当にエコーして聞こえたりして、盛り上がるというよりはただただ感心して観てました。もちろん音もカッコいいし文句なしのパフォーマンスでしたね。そしてあれだけ複雑なマニピュレーションを1つの卓だけで全て賄っていたのもLive使いとしては見逃せない点です。きっとあれがMonodeck(Henkeだけが所有する特注品のコントローラ)なんでしょうなあ。欲しいですなあ。

【Carl Craig】
他のエリアとの行き来の都合上あまり堪能できなかったのですが、やっぱり太鼓やシンセ多めのデトロイトテクノ系のトラックをいっぱいかけてましたね。概ね自分も好きな感じだったのであまりじっくり観なくてもいいかなとSascha Diveの方を覗きに行ってしまいました。彼単独のパフォーマンスは、また別の機会に堪能したいと思います。

【Sascha Dive】
彼の作る曲はパーカッションがポコポコいってる地味系ミニマルが多いので、DJもそういうのを予想していたのですが、思っていたより全然派手なんですね。いや、やっぱりそういうテクノ中心にプレイするんですが、そういう中でもわりと色気のある曲を多めに使ったり、ファンキーなハウスを混ぜ込んでいたりと、かなり色のあるDJをする人でした。本人も結構煽ってくるし、ミックスもわりと大味だったし、あとイケメンでしたw

【James Holden】
本人が作ったんじゃないかと思っている初っぱなのトラックでいきなりロックされてしまいました。彼の音楽はまさしくジャンルで括れない感じで、一体こんな曲どこから拾ってくるんだって感じのとんがった4つ打ちばかりかけてて、やっぱ敵わんなと。
彼が無料のツールを使って曲を作ってるのは有名なんですが、クオリティバカ高いのに音質は結構ローファイな感じで独特の雰囲気を持っていて、DJでもそれが感じられたというか統一感のある印象を受けました。Border Communityの曲ももちろんかけてましたが、自分の曲からKode 9の曲を繋いでいたのには、なんだか納得してしまいました。真似したいです!

【Theo Parrish】
セオのDJは何度か聴いたことがあったのですが、いやー全然変わって無くて安心しました。アイソレーター使いまくりで最初からガンガン煽りまくってました。正直一番安心して踊れるアクトはイベント通しても彼だったかな。もちろん他のアクトも漏れなく素晴らしかったんですが、一番ガン踊りできたのはセオかなと。

全体を通して感想。まず全ての人が同じこと言うと思うんですが、風が強かった…強すぎた。台風も来てたし自然のトラブルはレイブの醍醐味といえばそうですが、砂埃で目を開けてられなかったり出店も風に煽られて商品飛んだりとか、初回ということあって想定外だったことの一つだと思います。

あと個人的には、お酒が足りなかった。バリエーションが少なかったし度数の低い酒ばっかりだったのは不満・・・そういうところに文句を付けるのは無粋かもしれませんが、入り口で結構な量の持ち込み酒が没収されてたわりに中でのメニューがショボいのはなんだかなーと思うところがあったというか。

大自然の中でバカ騒ぎっていう、いわゆるレイブを楽しんだ感覚はちょっと薄かったですがそれは川崎というロケーションもあると思います。ただ音楽としてイベントとしてはバッチリ楽しめました。呼んでるアーティストのラインナップが渋いこともあり、やっぱり客層も感度の高い音楽好きが集まってきてるんだろうなという印象。あとトイレの用意が良かったのもポイント高いです(重要ですココ)。

同じ野外イベントでも、本丸のTaicoClubは長野、メタモルフォーゼは苗場というロケーションのため、やっぱり足を運ぶには結構な覚悟も準備も必要なのですが、今回のTaicoClub Kawasakiは足も運びやすいし気候的にも過ごしやすいので(風がなければw)、そういう面では魅力的なイベントであると思います。ぜひ回を重ねて内容を洗練させていって欲しいですね。期待してます。

 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|none