Facebookでサイトの更新情報を管理するin work

 
date:2011.08.01   posted by:asai
 

浅井です。

前回、「次はcanvasについて書くよ!」とか言っていたんですが、ちょっと閑話休題して今回はFacebookページ(旧ファンページ)をサイトの更新情報表示に使用する方法を紹介します。

弊社で運営している東北の食紹介サイト「loveood.jp」。
その福島版のトップページの更新情報部分は実験的にFacebookページで管理しています。

http://lovefood.jp/fukushima/

このスクリプトの基本的な流れは以下のようになります。

1.FacebookページのRSSを取得
2.投稿内容に特定キーワード(今回は【更新情報】)が含まれるモノのみ抽出
3.該当の投稿からURLを取り出す
4.HTMLを出力

※ちなみに、1のベースとなるスクリプトはこちら(http://phpjavascriptroom.com/?t=topic&p=facebookwall#a_wall)のものをお借りしました。編集対象部分はサンプルソースの「//投稿内容」の部分です。

抽出用のキーワードを【更新情報】から別のキーワードに変えることで、様々な用途に使えるのではないかと思います。

【javascript】

//投稿内容
if(items[i].getElementsByTagName("description")[0].firstChild) {
	desc = items[i].getElementsByTagName("description")[0].firstChild.nodeValue;

	//[更新情報]がふくまれる場合
	if(desc.indexOf("【更新情報】") != -1){
		//newsFlagを1にする
		newsFlag = 1;

		//正規表現でURL取得
		urls = desc.match(/https?:\/\/[-_.!~*'()a-zA-Z0-9;\/?:@&=+$,%#]+/g);
		url = urls[0];
		/*URLが複数ある場合の処理(今回は不使用)
		for(i=0;i18) desc = desc.substring(0,17) + "…";

}

要はRSSを正規表現を使用して解析しているだけなのですが、キーワードのパターンを複数用意すれば更新情報を全てFacebookページで一括管理することが可能になります。
また、ウォールで更新情報を管理するだけでなく、Facebookページの基本情報やアルバム写真を反映することで更新情報以外の部分にも応用することが可能です。

今後、Facebookページの運用の重要性はますます上がっていくことですし、運用のコストを下げるためにも管理方法の一つとして考えてみても良いのではないでしょうか。

professional essay writer
 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|none