(C)SRを意識することin work

 
date:2009.01.20   posted by:maeda
 
work from home

p>昨年末から「企業とNPOのためのCSR講座」に参加しています。

12/9に第1回、1/8に第2回、2/23に第3回目が予定されており、イベントの模様については主催者の一人である明天・貝沼さんのブログを見て頂くとして、この(C)SRという考え方、とても興味を持って見ています。

僕がCSRという言葉をはっきりと認識したのは恐らく、大学生の頃からずっと読んでいるWiredVision(当時はHotwired)の中で2007年から始まった藤井敏彦さんの「CSRの本質」という連載を読んでのことだったように思います。

今でもよく言われているように日本のCSRはコンプライアンスや環境保護のイメージが強く、僕もそういう印象だったのがちょっとずつ面白いなと思うようになり、ここに来て最近はちょこちょことウェブサイトや本を漁って勉強しています。

ここまで来てやっと理解したことですが、(C)SRを僕なりに言えば「自己の存在意義との闘い」だと思っています。さらに言い換えるとそれはどのように自己/自社のアイデンティティを確立するかということではないでしょうか。

創業して4年、改めて考えに考えて言葉にした企業理念として、「アイデンティティの永続的追究」を掲げたこともあり、それはとても示唆に富んだ考え方でした。

なぜ環境保護を推進するのか?なぜ要職の男女比率を考えるのか?当たり前ですが、「企業規模に従って(=余力があるから)」「それを指して周りからあれこれ言われるから」ではありません。しかし、そうではないと分かっていながら明確な答えを持っていませんでした。

この記事内で(C)SRの(C)をカッコ書きにしているのはわざとですが、「SR」の部分、これを日本的な押し付けの義務感ではなく、主体性を伴う責任である、さらにそれは特別に“CSR活動”だと区別されないごく普通の事業活動の中で行うものである、と考えると様々な企業活動の見え方が180度変わりました。

例えば環境問題とトヨタで言うと、トヨタの基本はクルマを作る企業である、今のクルマにはオイルが不可欠である(→オイルは近いうちに枯渇する/価格が高騰する)、環境問題の中心にあるのもクルマである(→環境志向が一般的になる/法的にも規制と優遇が進む)となればトヨタがエコカーに取り組むのは極めて合理的な戦略です。

プリウスの世界的なヒットは商売として読みがいいとも言えますが、自動車メーカーとしての生き残りを賭けた本気の勝負だったとも言えると思います。それがもしギリギリ環境基準をクリアできる程度の取り組みだったとしたらこれほど成功してはいなかったはず。分かりやすい企業や分かりやすい例が取り上げられがちですが、トヨタで言えばプリウスに力を入れること自体がトヨタにとっての(C)SRなのだと思います。

日本企業には「売り手良し、買い手良し、世間良し」の三方良しを体現している企業も多く、昔からあった考え方だと再認識しましたし、個人的にCS/ESは断片的な気がしてあまりピンと来なかったのですが、それらも(C)SRの一部だと考えたらしっくり来ました。

SRに対する意識は企業やNPO、その他の様々な組織も含め社会の中で意思を持って活動する存在にとってその存在意義への意識につながり、その答えを考え続け、情報開示も含めた具体的な行動に表すことがSRそのものであり、それが巡り巡って利益や持続的な成長につながるからこそ今から(C)SRを果たすべきなのだと。

そこまで言うと何だか大袈裟ですが、「想いや理念に基づいて、世の中のためにやりたいこと、やるべきことを徹底的に追求すればきちんと認められる」(第2回講座のIIHOE川北さんが言う『CSRはきちんと儲かる』という言葉が印象的でした)、それが分かるだけでも(C)SRを勉強する価値はあると思います。

まだまだ(C)SRを果たしているとは言えないレベルですが、デザイニウムとしては地域の中で人と情報のハブになるであろう地域SNSや、母校であり世界から会津へ人が集まる会津大学へのコミットメントをさらに具体化していくつもりです。また、簡単なCSRレポートも作って公開したいと思います。

 
"exhibition"で関連する記事一覧 (シーケンスで表示する)
•2009.10.28-ふくしまデジタル情報化フェアで講演させて頂きました in work
•2009.10.27-CSS Nite in 新潟 開催! in work
•2009.10.13-育成講座&シンポジウム in work
•2009.09.17-CSS Nite in 福島 Vol.3 開催! in work
•2009.09.16-ITSF2009&OpenSocialハッカソンin会津 in work
•2009.05.31-地域若者チャレンジ大賞東北大会 in work
•2009.02.04-Adobe Max Japan レポート その3 in work
•2009.02.04-Adobe Max Japan 2009 レポート その2 in work
•2009.02.04-Adobe Max Japan 2009 レポート その1 in work
•2009.01.29-CSS Nite in 福島 Vol.2 開催 in private
•2009.01.20-(C)SRを意識すること in work
•2008.11.22-インターン交流会、SNSとその目的 in work
 
 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|exhibition