Adobe Max Japan レポート その3in work

 
date:2009.02.04   posted by:designium
 

その2でも終わらなかったので続きを。

 

▼サービスとしてのFlashLite開発

携帯Flashの基本から始まり今どのような流れになってきているか、そして動的なSWF生成の話でした。弊社でもwevyという待受Flashサイトをやってるので参加しました。

正確には把握しようがないが、端末のシェアはFL1.0が5~10%、FL1.1が20~25%、FL2.0が45~50%、3.xが20~25%という割合だそうです。

あとはコミュニティから得られるユーザの属性情報を最大限に活かすためにもそれらをパラメータ化しSWFを動的に生成する際にそこへ埋め込むべきという話。アクセスのたびに毎回SWFを生成するのはかなり大変だがサーバとのやり取りでかなり綿密な流れを組み立てていて、ちょっとしたTIPSも含め参考になりました。

 

▼基調講演 2日目

エコツアーズという架空の旅行代理店のWebサービスを作成するといったコンセプトで、Adobeの各製品の機能などを紹介していくセッションでした。。

まずFlashの機能の説明。各製品との互換性の強化でレイアウトなどを維持したまま読み込めるようになった。またアニメーションのオブジェクト化や、3Dのようにボーンをつけて動かせるといった表現ができるようになったのと、Flash内のテキストを検索する機能が追加されるらしいです。

PhotoShopではシームカービングの紹介。DreamWeaverではJSライブラリとの互換性の強化とライブラリに伴って使われるCSSのプロパティが簡単にわかり、すぐに変更できる機能が実装された。またライブプレビューが搭載されたことでいちいちブラウザ上で確認する必要もなくなったとのことでした。

あとはFlash Media Serverではダイナミックストリーミング機能を使うことでユーザーの帯域幅の変化から再生中に適したビットレートを検出しスムーズにbpsを切り替えれるようになった。またライブ映像を配信時、数分巻き戻せることも可能とのことでした。

箇条書きですがこんな感じの内容で、Adobe製品なら制作における全てを補えるといった話でした。

 

▼LiveCycleES x AIRでアプリケーション開発

注目のLiveCycleについて知りたかったので受けたセッション。開発の流れまでわかりかなりためになるセッションだった。

簡単に説明するとLCはサーバサイドをシンプルに統合できる(個々のシステムやサービスのエンドポイントをまとめる)ソフトウェア。通信ではAMF3(バイナリ)ベースなのでSOAP(テキスト)よりも高速な通信が可能。これによりサーバサイドの負担も軽減(xmlを吐き出さないで直接やり取り)できるので業務系や大規模なシステムにはいいかもしれない。また各機能を揃えたコンポーネントをつなげていくアーキテクチャということで、コードを書く必要がなく、開発にかける時間とバグの削減が可能になり、RIAに開発時間をかけれるといった話し。AIRでの開発考えた場合、これは試しに使ってみるのがいいかもしれないと思いました。

 

▼出張JUIカンファレンス”Flashはもういらない!?”

弊社ではFlashはもちろんですが、Javascriptには力を入れているので大変興味があったセッションです。JSで直接DOM操作やstyle操作した際にどのようなことが起こるのかという話しと、エレメント操作で生成する部分と計算処理する部分を分けてまとめることでJSでの計算速度をあげれるといった内容が目からうろこで大変ためになりました。

またJSplashを使うことでswfをJSとSVGだけで再生できるといった話しや、JS上で音声ファイル呼び出したり、マトリックス変換、バイナリ変換もできちゃう系の話しが盛りだくさんだった。またjQueryのサイトでコナミコマンド(↑ ↑ ↓ ↓ ← → ← → b a)を行うと隠しページがでるとか面白い話題もあったが、いますぐ使えるティップスはamachangのところくらいだったかもしれないです。

 

▼Flex開発2:Flex Component Lifecycle

Flexはコンポーネント+MXMLで開発する環境で、ここでは3つのフェーズ「Birth, Life, Death」でコンポーネントのライフサイクルを紹介するセッションでした。

この流れを踏まえたうえでFlexの開発を行うことが重要とのこと。なんとなく大学の授業を思い出すようなセッション内容だったので、Spark projectのトークセッションのほうが取れていればよかったなぁと思ってしまった。

この業界にいる限りAdobe製品はウオッチしていく必要があるのと、TIPSの吸収だけでなく、参加する事で仕事に対するモチベーションがあがることを考えると、参加は必須なイベントかも知れないです。

 
"exhibition"で関連する記事一覧 (シーケンスで表示する)
•2009.10.28-ふくしまデジタル情報化フェアで講演させて頂きました in work
•2009.10.27-CSS Nite in 新潟 開催! in work
•2009.10.13-育成講座&シンポジウム in work
•2009.09.17-CSS Nite in 福島 Vol.3 開催! in work
•2009.09.16-ITSF2009&OpenSocialハッカソンin会津 in work
•2009.05.31-地域若者チャレンジ大賞東北大会 in work
•2009.02.04-Adobe Max Japan レポート その3 in work
•2009.02.04-Adobe Max Japan 2009 レポート その2 in work
•2009.02.04-Adobe Max Japan 2009 レポート その1 in work
•2009.01.29-CSS Nite in 福島 Vol.2 開催 in private
•2009.01.20-(C)SRを意識すること in work
•2008.11.22-インターン交流会、SNSとその目的 in work
 
 
Copyright © TheDesignium inc. powered by WordPress & mootools.
Relative Keyword|exhibition